09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

夢幻ペガサスプロ

  // 

ニコニコ動画生放送でワンダSPとしてニコ生で活動してます。夢幻のブログです。アイマスSPユーザー大歓迎!

映画「白鯨との闘い」を見て 

12742558_536344299872917_7760629735555688_n.jpg

今日は祝日で会社がおやすみ(今週は木、日が休み)ですので映画「白鯨との闘い」を見てきました。
私は映画好きというわけではないので、「監督の~~が」とか「この俳優さんが~~」というレビューは一切できないので。
この作品を簡単に説明すると、世界的にも有名な小説「白鯨」の元になった実話を映画化したお話です。
白鯨といえば「MGS」や「ふしぎの海のナディア」、「ビック・オー」などゲームやアニメにも幅広く影響を与えている作品です。
そんなこの「白鯨との闘い」は「永遠のゼロ」や「千年女優」のようにある人物が語り部の元にいって語り部が話すと同時に物語が進行していくというストーリー展開です。語り部は白鯨と闘ったエセックス号の最後の生き残りイシュメールポジションのおじいちゃんの「ニカーソン(当時14歳)」です。最後の生き残りというのは小説のように白鯨と戦ってイシュメール以外全員死んだというわけではなく、長い歳月が経っていますのでみんなお亡くなりになって生き残っている最後の語り部が「ニカーソン」というわけです。そして聞き手が、後に小説「白鯨」を書き上げるメルヴィルです。
作品は小説白鯨同様に「鯨油」がエネルギー資源として欠かせない時代でして、お金の欲しさに船乗りの家系の名門から素性を顕にできないアウトローな多種多様な民族が街に集結をし、組合が決めた船とチームを編成し鯨漁をしていて、それがこの街の経済を支える重要なビジネスになっているという背景。そして物語の主人公である一等航海士チェイスは船乗りの家系の息子のポラードが船長を務めるエセックス号に乗り超巨大な白鯨と闘う。という感じのお話です。
作品は「白鯨との闘い」と書かれており、小説の白鯨のようにピークフォード号の船長のエイハブが驚異のカリスマによってと狂気のミームに感染した船員を道連れには白鯨に挑むような「報復」や「闘い」がメインかと思いきや、そうではなかったです。
どっちかというとこの作品のメインは白鯨と闘った後の話をメインに描かれています。白鯨との戦いによって船が壊滅しボート山積で100日以上どうやって生き延びたのか、船乗りの生き方。生き延びるためにメルヴィルが狂気の堕ち、人間として最も恥ずべき行動をとったシーンは残酷でしたが感動的でしてウルッと来ました。そして生きたい一心で船乗り全員が狂気に堕ちるシーンがクライマックスなのかな。そのシーンが終わったらあとはエンディングまで駆け足ですので。
という感じに終始緊張感に張り詰められた映画でした。明るい話ではないのでオデッセイと白鯨どっち見るか悩んだら、オデッセイを見ることをおすすめします。オデッセイはまだ見てませんがww

正直、翻訳タイトルがいけないと思いました。
白鯨をしるいいきっかけになれればいいなと思った作品でした。
スポンサーサイト
アニメ・映画  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

この記事に対するコメント

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://fumi8272000.blog93.fc2.com/tb.php/3589-04126585
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top