07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

夢幻ペガサスプロ

  // 

ニコニコ動画生放送でワンダSPとしてニコ生で活動してます。夢幻のブログです。アイマスSPユーザー大歓迎!

メタルギアソリッド スネークイーターを読みました 

51A9Q3F3bRL._SY344_BO1,204,203,200_

「メタルギアソリッド スネークイーター」を読みました。
この作品はPS2「メタルギアソリッド3」を小説化したものです。
MGS3の物語を簡単に説明すると、1964年冷戦時代に主人公「ネイキッド・スネーク」がソ連に単独潜入して、核ミサイルを搭載した「悪魔の兵器」の開発者のソコロフを奪還するが、スネークを待っていたのは師匠ザ・ボスと彼女が率いるコブラ部隊であった。
メタルギアの物語のはじまりを書いたものです。ちなみにゲームのパッケージ裏のキャッチフレーズは「任務は最愛の人を殺すこと」だったはず。

読んでみたところ、まるで映画を読んでいるような感覚でした。MGSシリーズはストーリーが濃い!濃い!濃い!!
ゲームや映画を超えるストーリーです。
移動したり隠れたり、治療画面で治療しているなどゲーム内で何気なく行っていることが小説ではリアルに緊張感たっぷりに書かれています。撃たれたところから弾薬をナイフで摘出するシーンとかね、スネーク白目むいてますから。ゲームで何気なくやってることなのにね!
コブラ部隊戦では特にジ・エンド戦が好きです。お互いに一発即死の戦いで自然そのものが観測手になっているジ・エンドに対して、スネークがシギントの科学の力を頼りに少しずつ移動するシーンは読んでいて引き込まれました。移動するたびに落ち葉を踏む音が発生し、動物や虫も動くのでその足音などでスネークの場所がある程度わかってしまうというジ・エンドのチートぶりに「これどうやって倒すの?」と思いながら読んでました。
あと、コブラ部隊の過去の話を読めるというのがこの作品の魅力ですね。
スネークの成長も読めるのでなかなかいい作品だと思います。
10年前のゲームになりますが、PS3ではHDリマスター版、3DSでもリメイク版がでています。
この本を読んでMGS3をやってみませんか?
そしてMGS3をやったことがある人は是非読んでみてください。おもしろいです。
スポンサーサイト
本、マンガ  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

この記事に対するコメント

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://fumi8272000.blog93.fc2.com/tb.php/3345-c8d9d0b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top